リンク

役立つリンクやニュース記事を共有しましょう

専攻の今後に関する重要なお知らせ(その1...

平成29年度前期も半ばを超えました。 当専攻の今後に関し、大変重要なお知らせがあります。 「公認心理師法(平成27年9月16日法律第68号)」の可決以来、これまで岡山大学では、この制度に対応するための準備を進めてきました。その結果、当専攻および社会文化科学研究科、教育学研究科教育心理学講座の教員が協力してこれにあたることとなり、平成30年に大学院を改組し、社会文化科学研究科においてその養成を行っていく計画を立てています。 これに伴い、当専攻(教育学研究科・教育臨床心理学専攻)は本年度から学生募集を停止する公算が高く、そのため、これまで実施してきた入試に関する各種相談会、オープンキャンパスの日程は未定です。 なお、臨床心理士養成は、社会文化科学研究科において当面行っていく予定ですが、今年度入試は2月実施に向けて準備中です。 上記に係る諸事柄は、正式に決定され次第、下記ページでお知らせしていきますので、今しばらくお持ちください。 http://www.okayama-u.ac.jp/user/hss/admission/h30nyushi.html 諸般の事情により、情報のご提供が大変遅くなってしまいましたことを深くお詫び申し上げます。
岡山大学大学院 社会文化科学研究科
岡山大学大学院 社会文化科学研究科の公式サイトです。
facebookページより

☆第二次募集の結果☆

去る2月4日に行われた教育学研究科第二次募集で、当専攻でも1名が合格されました。 おめでとうございます。 ご入学をお待ちしています。

日誌 → 合格者発表 → pdf. でご覧ください。

日誌 – 岡山大学大学院教育学研究科・教育学部

facebookページより

☆教育学研究科オープンキャンパスが開催さ...

来る8月6日(土)、研究科全体のオープンキャンパスが開催されます。 全体会に引き続き、専攻説明会、修士論文構想発表会(修士1回生)も開催されますので、受験をお考えの方はぜひご来場ください。 なお、当日は、過去の入試問題も閲覧できます。 https://edu.okayama-u.ac.jp/index.php?action=pages_view_main&active_action=journal_view_main_detail&post_id=56&comment_flag=1&block_id=192#_192
教育学研究科・養護教諭特別別科オープ ンキャンパス2016開催 – 岡山大学大学院教育学研究科・教育学部
岡山大学大学院教育学研究科・教育学部の公式ホームページです。
facebookページより

☆日本健康心理学会第29回大会☆

教室教員が関係する学会が、本年11月19日(土)、20日(日))開催されます。詳しくは… https://www.youtube.com/watch?v=XoY-24tqBog&feature=youtu.be
日本健康心理学会第29回大会PRスライド
2016年度の日本健康心理学会年次大会は、11月19日(土)・20日(日)に岡山大学で開催されます。学会員をはじめ多くの皆様のご参加をお待ちしております。
facebookページより

☆ 公認心理師法案 ☆

☆ 公認心理師法案 ☆

衆議院を通過しました。

http://www.psylabo.com/?p=39404
公認心理師法案 9月3日衆議院本会議 全文書き起こし
第189国会 平成27年9月3日(木) 13:20 大島理森(衆議院議長) 日程第11は委員長提出の議案でありますから、委員会の審査を省略するに御異議ありませんか。 御異議なしと認めます。日程第11公認心理師法案を議題といたします。委員長の主旨、弁明を許します。 文部科学委員長 福井照君。 福井照(文部科学委員長) ただいま議題となりました法律案につきまして、提案の主旨及び、その内容をご説明申し上げます。 本案は近事における国民が抱える心の健康の問題等を巡る状況に鑑み、公認心理師の資格を定めることにより、 その業務の適正をはかり、もって国民の心の健康の保持・増進に寄与しようとするものであり、そ…
facebookページより

☆ 平成28年度入試要項が公表されました...

 

研究科ホームページリニューアルのため,web.上での公開が遅れていましたが,本日公表されました。
詳しくは下記をご確認ください。

https://edu.okayama-u.ac.jp/admission/graduate_school/
【大学院】入試情報 – 岡山大学大学院教育学研究科・教育学部
岡山大学大学院教育学研究科・教育学部の公式ホームページです。
facebookページより

(T 最近の学術分野での悲しむべき話題 ...

ええーっ、そんな風土あるの!?

「コピペ」っていういかにもマスコミ受けしそうな表現が、考えなしに使われてることが問題。
たとえば、私たちの分野では、自分の研究の中で概念をどう定義するか明確にします。その際、自分勝手に「心理っていうのは○○です」ってことにはなりませんよね。どんな枠組みで研究を進めるのかという点の共通理解をし、初めて同じ土俵に乗って議論できるわけだから。
このときの定義についての記述は、そういう意味を持っているので、これまで研究から導かれた表現を使うわけです。この研究での共通言語はこれですって表明するために。同様に、レビュー部分も、オリジナルの結果表記を変えるわけにはいかないので、意味を変えないよう考えつつ内容を紹介するという記述になります。でも、この部分をコピペって言ってしまうとなぁって思うわけです。
たしかに、論文の査読をしていると、先行研究の主要な部分をそのまま使っている粗悪品も散見されますが、ちゃんと見ていれば、少なくともその研究をちゃんと指導していれば見落としましたってことは起こりえないし、そのような悪習が連続していくってことも(むりやり論文を乱造しようとしない限り)ないはずです。

というわけで、この記事のそれ自体以外の問題は、前述の某教授が以上のような説明なしに安易にこの言葉を使ったことにあると思っています。(文責:東條)
学位論文「コピペ当然」の風土をいかに変えるか – 高橋真理子|WEBRONZA – 朝日新聞社
学位論文で、他人の文章の丸写し(コピー&ペースト=コピペ)が横行していることが、小保方問題で明らかになった。小保方さんに限らず、他の人の学位論文でも丸写し箇所が多数あることがネットで指摘された。学位
facebookページより

児童養護施設の現状について

★ 子供にとって大切な「当たり前の暮らし」 ★

当専攻のOBにも、施設で心理職をしている方がいますが・・・

普通に生活していると「ふつう」であることが普通なので、その意味に気づきにくいかもしれません。ちょうど、病を得てはじめて「健康」を感じるのと同じように。

虐待を受けた子供たちに「当たり前の生活」を ――児童養護施設長インタビュー | THE PAGE(ザ・ページ)
全国の児童相談所が今年3月までの1年間に対応した児童虐待の件数は7万3765件で、統計を取り始めて以来、過去最悪の数字となった。虐待問題をにどう向きあい、子供や親をどう支えていくのか。虐待で保護された…
facebookページより

危険ドラッグについての報道

★安直な自己変革のツケは★

こうした問題を取り扱う専門機関の方も、松本博士と同様の見解を持っておられました。
自分探しのための、超お手軽なツール?

特集ワイド:続報真相 危険ドラッグ、治療現場の悲鳴 「覚醒剤より毒性強く」「自分の殻破れる気が」 – 毎日新聞
危険ドラッグの使用経験者は推計約40万人。「脱法」から「危険」へと名称変更しても、乱用者による交通…
facebookページより

オープンキャンパスのお誘い

すでにお知らせしていますように、8/9(土)には大学院教育学研究科のオープンキャンパスも開催されます。

なお、教育学研究科のオープンキャンパスへは事前の参加予約は不要です。

 

facebookページより