危険ドラッグについての報道

★安直な自己変革のツケは★

こうした問題を取り扱う専門機関の方も、松本博士と同様の見解を持っておられました。
自分探しのための、超お手軽なツール?

特集ワイド:続報真相 危険ドラッグ、治療現場の悲鳴 「覚醒剤より毒性強く」「自分の殻破れる気が」 – 毎日新聞
危険ドラッグの使用経験者は推計約40万人。「脱法」から「危険」へと名称変更しても、乱用者による交通…
facebookページより